スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Quality of Life
- 2010/11/04(Thu) -
我が家に来て12年になったうちのネコ様(♀)。

とってもシャイで、いまだに家族の中で彼女に触れるのは
ワタシだけである。

(プーがたまにコーナーに追い詰めてナデナデしてるが、
怖さで動けなくなったネコ様のビビりようは尋常でない)

今まで一度も外に出ることなく家ネコとして暮らしてきた。
何の問題もなく。

しかし今年で多分14歳という妙齢。
なにかと気になることが出てきた。

・おしっこの量が半端でない
 (ネコの砂が以前の半分しかもたない)
・食べる量が増えた
・その割には痩せてきた

家から外に出るということが大きなストレスになるため、
ここ数年引越し以外は連れ出したことがないが
とうとう獣医に連れて行くことにした。

血液検査の結果
・血糖値がやたら高い
・甲状腺ホルモン(?)の数値も高い

疑われるのは
・糖尿病
・甲状腺機能亢進症

尿検査が出来なかったし、後もうひとつ血液検査をしないと
どちらも確定できないんだけど。


問題は、
診断が確定したとして、その後どうするか、である。

もちろんできるだけのことはしてあげたい。
正直言って費用のことは気になる。
でも病気で苦しませることは出来ない。


甲状腺の場合は投薬で治療、これは問題ないだろう。

しかし糖尿病の場合、毎日のインシュリン注射が必要である。
場合によっては一日何度打てばいいの?

これがネコ様にとって大きなストレスになるのは間違いない。

毎晩ワタシがベッドに入るとにゅわんにゅわん言いながらやってきて
ワタシの肩や首筋をモミモミし、
ゴロゴロいいながらワタシの腿の谷間にはまり
こっちにお尻を向けて横たわる。

それがネコ様とワタシの楽しみなのに、
ワタシが毎日何度も注射器持って追い回したら
それはもうできなくなるんじゃないの?

そんな毎日を送ったら、
彼女のQuality of Lifeっていったいどうなのよ?っていう。


病気も一つなら対処しやすいけど、
二つの病気を発症しているし。


今から徹底的に医療行為を行うか。
それとも自然に任せて余生を楽しませ、時期が来たら考えるか。




どうするべきなんだろう・・・?
スポンサーサイト
この記事のURL | どうでもいい日常の話 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<恐るべし、ヨークシャープディング | メイン | 天高く>>
コメント
-Tough Decision-
難しい選択だよね。
うちには2匹猫がいて、そのうち1匹(♂)が10歳ちょっと。
気になることが出てくるお年頃。
スナちゃんとこみたいに難しい選択を迫られる状況を、覚悟し始めたところ。
実はこの猫、8年前(日本から越して来て半年たった頃)急に体調を崩して
獣医さんからも“助かる見込みは低い”と言われたんだよね。
その時の私たちの選択は“徹底的に医療行為を行う”だったわけ。
でも相当悩んだよ。費用もかなりだし、四六時中、誰かが家にいて
世話をしなければならないし、治療期間も長引くかも知れないし
何より助かる保証はないわけだし。
早く楽にしてあげた方がいいんじゃないかと何度も思ったわ。
結局2ヶ月位で快方に向かい、元気になったから正しい選択だったわけだけど。
(ちなみに費用は3000ドルちょっと)
スナちゃんが悩む気持ち、よくわかるわ。
2010/11/05 13:32  | URL | Coquina #EqdrHY9k[ 編集] |  ▲ top

-No title-
難しい選択だね。
お金の出せれる範囲内で様子を見る。
治る可能性は少なく痛みがあるといわれたら、痛み止めの薬をもらいながらその命のある限りかわいがり最期を看取る。

実家の犬、ヘルニアでもう治らない・歩けないです。
っていわれたけど、今普通に歩けてるからねぇ。

見極めが難しい・・・

奇跡が起きることを願ってる。



2010/11/05 21:21  | URL | 千恵 #-[ 編集] |  ▲ top

-QOL-
場合と時と人によって(ああネコか)全然違うから、アドバイスもできないっす。

ただ、注射をする=自分のため。が理解できないのなら、苦痛でしかなく、QOLはほど遠い感じがしてしまうなぁ。
急性期治療ならまだしも、慢性的な治療は迷うわぁ。

ま、私は、それが寿命だと、楽しく余生を送るほうを選択しそうだけど。
自分がそうありたいと思うことを人に押し付ける気も(ああネコか)ないのだけど。

困ったもんだねぇ。ってか、ネコも飼っていたのね。すげー。
2010/11/06 01:30  | URL | ばき #CUeuTCgE[ 編集] |  ▲ top

-Re: Tough Decision-
ネコちゃん助かってよかったね。
オレオちゃんかな?
でも$3000かぁ・・・うちはそこまで出せる覚悟はないわ。
もう老猫だしね。
手術すればよくなるなら考えるかもだけど、そういうのでもないし。
でも治療しないって言う選択にはどうも罪悪感もある。
悩むよね・・・
2010/11/09 00:25  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-千恵ちゃん-
この先治療してどれくらい、しなくてどれくらい生きられるってわかったら
もっと選択も楽なんだろうけど。
痛みもあるのかどうなのか。
ネコって痛いって言えないしな。
千恵ちゃんちの実家のワンコみたいなケースだと嬉しいんだけど。
2010/11/09 00:29  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: QOL-
ネコのQOLを考えるっていうより、
自分の罪悪感が一番少なくてすむ方法を探してるのかもワタシ。
そう考えるとまた罪悪感を感じるんだけど。

慢性的な治療>そうなのよ、そこなのよ。
手術して治るってんなら判断も楽なんだよね。
また日頃から地味な生活送ってるネコ様なだけに、
少ない楽しみを奪ってしまうのもかわいそう。

> 困ったもんだねぇ。ってか、ネコも飼っていたのね。すげー。
彼女が一番の古株なんだわ我が家で。
2010/11/09 00:35  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-うちもさぁ.....-
うちの老猫もこないだの健診で「心雑音」を指摘されたわ。血液検査をした方が良いと言われて$200も払ってやったんだけど、心配していた何かの病気はネガティブで、結局よくわからないという結果に終わった。

うちは96年生まれだから14歳よ。おばあちゃんね。おまけに平和な老後にエリーが来たもんで落ち着かないみたいでちょっとかわいそう。最近は少し慣れてきたけど。

うちもかなり痩せてきてて、数年前からある脂肪の固まりが大きくなってきてる感じがしてきた。まぁ普通に食べてるし、外にもたまに行くので大丈夫みたいだけど。

ペットはこういうのがあるから辛いよね。難しいね。
2010/11/12 11:26  | URL | さーや #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: うちもさぁ.....-
じゃああきちゃんうちのネコ様と同い年くらいね。
うちに来た時点で既に2~3歳くらいだったから。
かなりのお年だし、このまま静かな老後を送らせてあげたいって
気持ちの方が大きいのよね。
外ネコだったら気づかなかった問題かも知れないし。

悩むね。
2010/11/12 23:44  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://snugglebutt.blog133.fc2.com/tb.php/25-8c0bdb97
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。