スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日雇い労働日記 ~暴れたときは&S君作品集~
- 2012/10/22(Mon) -
先週3日入った仕事のうち、2日がいつもの自閉症児学級。
いつもご贔屓頂いてありがとうございます、てなカンジですが
実は夏にワタシもあるトレーニングを受けて修了証書もらったので
それが特にこのクラスでは重宝されるのである。

あるトレーニングとは
CPI-Crisis Prevention Intervention
つまり危機回避&介入。
生徒が何かの理由で暴力的になった際
如何に暴力を使わずにその状況をコントロールするか。

IMG_0431.jpg
(寅さん、じゃなくてトラさん、でももしかしたらシマウマだったかも)

パンチやキックの避け方、
髪をつかまれたときの手の外し方、
周りの生徒の無事の確保、
そして最終的に痛みを与えることなく
その生徒を捕獲して動きを封じる方法、なんかを
実技を含めて習うわけですね~。

ま、1日で終わるんですがこの講習は。

先生とアシスタントが2人いるこのクラスだが
1人は最近採用されたばかりでまだこのコースを受けていない。
コース修了証書がないとこう言う状態の子供には触れないのです。
訴えられた時に困るから~ってことらしいですが。

今年は生徒が6人いるし、
そのうち3人が攻撃的になる可能性があるので
最低クラスに2人は認証受けているスタッフが必要なのです。

IMG_0430.jpg
(ライオンさん、たてがみが立派です)

木曜日、朝っぱらから5年生のA1君がバスで問題起こし
周りの人に暴言吐きまくり
突然人を叩きに来たりするので
まぁ緊張続き。

あの被害妄想的な発言をするあの子ですね。

おまけにA2君とS君がどういうわけだか
ボードに張ってあるものなどを思いっきり引っぺがして床に叩きつけたり
おもちゃを投げたりと
派手にやってくれたりしてて
今日はひょっとして満月なのか?と思わせるほどの大騒ぎ。

IMG_0429.jpg
(これは何だったっけ?ダチョウだったかな?)

こう言う行動もいけないと教えなくてはならないので
まず止めに入るのだが
このモードに入っちゃっている2人を止めるのは容易ではない。
5~6歳のコドモだけど、ものすごい力なんですよ。

なので子供用コントロールポジション、と言う体勢を使うわけだが
まぁその日何度このポジションを使ったことか。

普通級を持ってる本職の先生たちで
これを使った事があるのは少ないんじゃないかなぁと思う。

これを使われるともう動きは取れないので
あとは大人しくなるのを待つだけである。

IMG_0433.jpg
(これはゾウ?ちゃんとメモっておけばよかった)

ちゃんとこの間も
『手を離したらちゃんと一人で座るんだよ』とか声をかけながら
静かになるのを待たなくてはいけない。

この日はなんとこの郡の特殊教育の最高責任者が来ており
校長と専門の心理学者とともにクラスに呼ばれていて
何せ2人いっぺんに暴れたりしてたので
その人達の前でこれをしなくちゃいけなかったのが
ちょっとした修羅場・・・

午後はそれなりに落ち着いてきたのだが
お帰りの30分ほど前になって
A2君の様子が少し変。

給食はたくさん食べたし
あんなに暴れまわっていたのに
突然ぼーっとした顔でおやつにも手を出さず。
この人がおやつ食べないって言うのは
ちょっとした事件ですからね。

IMG_0428.jpg
(キリンの親子・超可愛い!!!)

顔が青ざめてきてたのであ~具合悪いんだなと。
こう言うときに何も言えないのは辛いですね。
どこがどう具合悪いのかわからない。

でもこの人は具合悪くなるとリバースするので
ゴミ箱近くに配置して待機しておりました。

やっぱり20分後くらいに激しくリバース。
こうなるとバスには乗れないので
お父さんに迎えに来てもらいましたとさ。

翌日はなんとA1君、A2君ともお休み。
そしてJ1君も午後に早退したので
なんと残ったのは3人になり
一息つけた金曜日でした。

あ~~~しかし疲れたわ・・・

IMG_0360.jpg
(そして大作!ヘビ(コブラ?)の軍団)


スポンサーサイト
この記事のURL | アメリカの学校事情 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
<<日雇い労働日記 ~いったいどこで?~ | メイン | 別人になり過ぎて>>
コメント
--
お疲れ様。私には想像もつかない世界だわ。

暴れた子を抑えるのと、走り回ってネコキックを繰り出すトム子を抑えるのと、どっちが大変?(笑)
2012/10/22 12:55  | URL | Miya #-[ 編集] |  ▲ top

-満月でなければ・・・-
この大騒ぎ、郡の特殊教育の最高責任者、校長、専門の心理学者のどれかから(「どれ」って物かい?笑)ストレスを感じる気配やらオーラが出てたのかも。3人全員から出てたのかもね~i-282
スナグルさん、仕事とはいえアッパレだわ。私はこういう場に出くわすと100%自分の防御モードになってしまう・・・(自閉症の子じゃないけど共同作業所に付き添いナシで通ってるらしいのに付きまとわれ、一度など家まで付いて来られそうになったことアリ)
2012/10/22 15:46  | URL | ぶらべり #djnh.SQU[ 編集] |  ▲ top

-言い忘れた-
S君、配色も含めて「ナイス!」i-234
2012/10/22 15:48  | URL | ぶらべり #djnh.SQU[ 編集] |  ▲ top

-Miyaさん-
このクラスと付き合ってもう3年以上になるから
慣れって怖いわ(爆)。
でもここまで激しいのは今年初めて!

トム子は捕まえたらこっちのもんよ。
でも両者に言う言葉はおんなじだったり。
"What the heck are you doing!?!"
2012/10/22 20:38  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-ぶらべりさん-
いや~、騒ぎは彼らが来る前に始まってたからな~。
スタッフのストレスが倍増したのは確かだけどね。
でも目の前で騒いでくれたから説明が省けて楽だったかも。
担当してる生徒だからそれなりに対応できるけど
そのシチュエーションで絡まれたりしたら(結構大きい子だよね?)
ワタシも防御モードになると思うよ。
どういう風に反応するかわかんないしね。
S君センスいいでしょ。
モール使って作ったりもするの・・・全部動物だけどね。
2012/10/22 20:50  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-キリンの親子に萌えるわ-
あ~~そのアクロバティックな講義は重要ね!
けがはしないように気をつけてよ~

お仕事仲間に、障がい児の通学支援や休日の余暇相手支援をしている人がいるのだけど、
ものすごい力、ての聞くな~

正常な感覚なら(なにを正常というのかがむつかしいけど)子供ながらにもいろいろ判断して手加減しているという感じなのかしら・・・

とにかく、大変そうなお仕事、がんばってね~
2012/10/22 22:48  | URL | ばっきー #CUeuTCgE[ 編集] |  ▲ top

--
お疲れ様~。
キリンの親子は私も好きだわ。

この前ね、友達が教えてるクラスでいきなり女の子がパンツ脱いで床に大きなのをしたらしい。
でもって他の子が踏んでしまったとか。

私は昔血圧が低かったんだよ。
それが出産後くらいに平常になって、プレ更年期から上がって来た。
私の両親ともに高いし、父はそれで亡くなってるしね~。
2012/10/23 00:52  | URL | ree #-[ 編集] |  ▲ top

-ママジラフ&ベイビージラフ、だって-
ばきちゃん

怪我しないようにって言うより怪我させないように、の方が気になる。
すぐ裁判沙汰になる国だからさ~。

この子たちくらいの障がい度になるともう遠慮とかないね。
理性関係無しに全身で暴れるから
スイッチが入ったら切れるまで怖い怖い。

でも子供らは可愛いし
こんなワタシでもお役に立ててる感が嬉しいので頑張るよ。
2012/10/23 01:46  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-reeちゃん-
キリンの親子和むでしょ~~~?

クラスでいきなり大きいのってすごい!
それはまだ体験したことないわ~。
普通大の時って小も一緒に出るよね?
ひゃ~~~想像しただけでっていうか想像したくない。

血圧ってどこでどうなるかわかんないんだね。
うちの母親が低血圧で更年期ものすごかったから
ワタシもそうなるのかな~と思うと怖い。
今日は90/60だったよ・・・
2012/10/23 02:19  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

--
昔の虎次郎をちょっと思い出しちゃった。5、6才の頃からすっごく暴力が激しくなってね・・。もう家の中の物が台風来た後みたいになりだしたんですよ。こういう話ししても普通の人は想像すら出来ないと思います。棚の物は全部出ちゃうし。しかも息子が精神科医にアスペルガーだろうって言われたのは小7の途中(フィリピンでは確定診断は出来ないみたいで確定診断してる人がいたらそれは嘘だって事でした。だって20分くらいの面接だけで診断付ける医者が多いのです)。それまでかかった医者、心理士、私の躾が悪いって言い続けたわけなのです。それで主人にも責められ続けたんですよ。

癇癪モードは一度スイッチが入るとスイッチが切れるまでは何も出来ないですね。スイッチが切れるのを待つだけ。でも今、桃ちゃんが結構似てるんだけどかなり回避出来てるのは虎次郎のお陰ですね〜。そう、一度入ったスイッチはちょっと時間が経たないと切れないけど回避は出来るのです。まあ言葉が通じればですし、それは親しか出来ないかもしれないけどその子が新しい事、予想以外の突然の出来事が苦手って事を把握して前もって起こりそうな事を予想して言い続ける。「あと何分くらいしたら運転手さんが家の中に入って来るからね。」とか「パパが帰って来たらテレビを付けるからね。」とかね。こんな些細な事でも自分が予想してないで突然起こると癇癪になるんですよね。これが分からなくて虎次郎は一瞬先は闇って世界で癇癪しまくりって感じでした。後は腕立て伏せとかちょっと距離を歩かせるとかの運動でも回避出来るらしいです。実際に実験した医師が居たみたい。まあ癇癪になっちゃったらどうしようもないですが。学校内だとやっぱり危険なので困りますね。そっか、そういう資格あるんですね。確かに部屋に隔離しても自傷したりするから危険だし。外に出すと怒りながらどこかに行っちゃうしね(虎はフロリダでレストランで待ってる間、当時7才だったか、複雑なレゴで遊んでたら2才くらいの女の子がそのレゴを突然触って壊したので思わずひったくったらその子が尻餅ついて、そしたらその子のお父さんが罵倒したんですよ。そしたら癇癪になって7時頃だったか真っ暗なのに怒りながら歩き出しちゃって私は後ろを付いて行ったんです。放っておこうと思ったら主人がアメリカは危ないからそれは出来ないって言うから。当時対処法が全く分かってなかった私です。誰も近づかないように見ててあげたら良かったのだけどまさかですよね。)
2012/11/28 09:14  | URL | 菜の花 #qj736MGw[ 編集] |  ▲ top

-菜の花さん-
虎次郎君もこんなカンジだったのね。
学校の先生は毎年何人もの子供を受け入れているから慣れているだろうけど
お母さんは初めての体験だろうし暗中模索で大変だったでしょうね。
特に医者から診断が下りていなければ余計にわからなかっただろうし。
ダンナさんから責め続けられたって言うのがちょっと哀しすぎる・・・
父親はいいよね、実際自分が手を出して子育てするわけじゃないから。

運動で癇癪が回避できるのか・・・
でもこの子達の場合どうかな~~~。
A2君以外はあんまり体動かすの好きじゃなさそう。
ちょっと小太りのオタク体質が多いです。
自宅でも家の中で過ごす事が多いんだろうなぁ。

手が出やすい子は一時も目が離せないですね。
教室の中でももちろんだけど特に教室外では。
物をつかんで投げる、って言うの一瞬のうちにやっちゃったりするしね。
2012/12/10 13:19  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://snugglebutt.blog133.fc2.com/tb.php/167-3ffa14d1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。