スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日雇い労働日記 ~ものすごいリスト~
- 2012/03/17(Sat) -
古い話になるけれどもこないだの火曜日。
自閉症クラスでお仕事だった。

その前の日は重度障害児クラスの仕事で
すぐ隣の教室にいた。

一日中自閉症児クラスから聞こえてくるのは
4年生Jちゃんの泣き声である。

Jちゃんはお勉強が大嫌い。
やりたいのはネットでセサミストリートを見ることだけ。
でもそれを見るにはまずお勉強をしなければいけない。

彼女がやらなければいけないお勉強はたくさんある。
彼女が学校で関わる人々や標識の認識、
算数、スペリングなど
それぞれ20~30項目をクリアしていかなければならない。

そして先生は一つずつチェックして書類にしなければいけない。

1課題ごとに10個のメダルを集めると
彼女の好きなコンピューター(コンピータとJちゃんは呼ぶ)を
10分やることができる。

しかしJちゃんはお勉強大嫌い。
課題をやり終えるまで待てない時がある。
『コンピータ、コンピータ』と泣きながら訴える。

もちろんそこで折れるわけには行かないから
彼女が泣き止むのを待たなければいけない。
課題を続行できるのは彼女が5秒以上泣きやんだときだけである。

そこで『後いくつやれば終わるよ』と言うのを理解できるわけではないので
これがえらい長く続く時がある。
ある程度の時間泣き止まなければその課題はそこで終わり
コンピータもなしである。

そしてその後また泣き続ける。

このバトルが1日何度も繰り返される。

・泣き始めたら話しかけるのをやめる事。
 自分でまた課題をやろうとするまで無視する事。

これは彼女のお父さんからのお達しである。
リストをチェックするのも彼からの要望。
かと言ってこれを家でも実行しているわけではないらしく
写真を80%認識できていたものが
1週間の休みのあとには20%に戻っていた、なんてことも多い。

学校では泣いたら無視するように、と言うが
家ではホッペにチューしてくれたらいいよ、みたいな
対応をしているんだろう
ワタシ達にもチューをしてこようとする。
 
チューしてくれてもコンピータはさせて上げられないよ。
彼女の要望に折れてはいけない、と言うのも
あなたのお父さんの要望だからね。

彼女は朝、昼の食事に毎日同じサンドイッチを持ってくる。
3つのサンドイッチが3つのサンドイッチ用容器に入っている。

しばらく前にその容器がひとつなくなっていたとかで
毎日容器を数えてくださいと言うリストが
おうちからやって来た・・・

そんな容器、学校で無くなり様がないのだが。

彼女のお弁当を入れるバッグ
長年使っているせいかふたの部分のマジックテープがバカになっている。
ふたに取っ手がついているので
重いバッグの取っ手を持つと
ふたがぱかんと開いてしまうのである。

そこから落ちたとは考えられないが
まず新しいバッグを買ってあげたらどうかと思うんだが。


そして極めつけは歯磨き。
ランチの後に歯磨きをするのだが
彼女のお父さんから出されたリストに沿ってやらなければならない。

そのステップ数なんと48!!!

アシスタントのLちゃんがこれをやるので
ワタシは詳しくこのリストを見たことがないが
右奥歯外側10回、内側10回、かみ合わせ部分10回、とか
そんな感じのようである。

Lちゃんはこのリストを忠実に守ってひたすら磨く。

これおうちでもやってるんでしょうかね?
Jちゃん奥歯ほとんど銀歯ですけど。

前にも書いたと思うけど
Jちゃんのジーンズとか上げ下ろしが楽なように
改造してある。

昔はスパッツの上の部分にジーンズの脚の部分を縫い付けていた。
最近はボタンの部分がマジックテープに付け替えられている。

ボタンやジッパーをいじらなくていいからである。

お勉強も確かに大事だが
こう言う日常生活で必要なことを教えなくていいのだろうか?

先生たちもいろいろリサーチしたりして
Jちゃんの進度の手助けになるように工夫したりしている。
こう言うお父さんのとんでもない要望も
受け入れて頑張っている。

親として意思疎通の出来ない娘が
学校でどういう生活をしているのか心配なのはよくわかる。
これだけ毎日学校へきているのに
去年と進み具合が大して変わっていないことにイライラするのもわかる。

しかしこうして学校の授業に関して細かく口出しをすることは
いったいどうなんだろう?
先生を、学校を信頼していないってこと?

来週またJちゃんのお父さんとの面談があるらしい。
担任だけでなく、音楽、体育の先生も含めてのミーティング。

ワタシはたまに行ってその日1日を何とかこなせばいいが
担任の先生は本当に大変だなぁと思う。

スポンサーサイト
この記事のURL | アメリカの学校事情 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<春になったら庭仕事 | メイン | かさむ借金>>
コメント
-使い分けは、、、-
詳しくないけど、こういう症状の人たちに「家庭と学校(職場)」の使い分けはできないと思われ・・・
すると、家では許されたことが学校ではできないことを納得するのは無理なのでは。学校側の徒労が増えるべー
家と学校が同じ方向に進み、「大事なもの(こと)」を家族が客観的に見られるようにならないとねぇ。。。
しかし、自分も含めて家族のことってなかなか客観的に見られないi-229

ガソリンエンプティ~な一日、お疲れさまでした。
$10って、けっこう借してもらえちゃうんだi-278 10人から借りれば$100・・・借用書ないし、ふふふ
2012/03/17 13:32  | URL | blackberry2 #AuizxKOs[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは。-
意思の疎通ができないって、親が一番つらいだろうけど、
学校に期待されてもねえ…てとこかな?
学校に求める事は、自分が一番にやれよ、と。

ふうちゃんが、わんわん吠えてる。
「なんか、くれ」か「かまってくれ」か「寝よう」か…。
悪いが、どれもきいてあげられないよ。
意思の疎通は難しい。。。
2012/03/17 19:32  | URL | 梅うさぎ #ew5YwdUc[ 編集] |  ▲ top

-No title-
お疲れさんどす。
俺は小さい頃オカンに『このアホが悪い事したら。おもいっきりどついたって下さい!』とお願いされた事が有るが・・・
その歯磨きは俺にも無理じゃ。
2012/03/17 23:42  | URL | Fake~ #.GTNPbic[ 編集] |  ▲ top

-ぶらべりさん-
うん、特にJちゃんには使い分けは無理だと思う。
学校での厳しさが困惑を生んで、更にかたくなにさせているかもしれない。
学校側としても卒業するまで少しでも生活のためのスキルを持たせてあげたいと
頑張っているのだけどねぇ。
お父さんももう少し柔軟性を持って、と言うか
学校側いちゃもんつけるんでなく協力していった方が効率もいいのにと思う。

ガス欠なるかと思って焦りましたわ~。
でもこんなことがあってねぇ、と話すと
多分10人中8人は財布開くと思う。
借用書ないしって・・・悪よのう越後屋・・・
2012/03/18 01:12  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-梅うさぎさん-
本当のところはよくはわからないけど
家は猫かわいがりするところ
学校は勉強するところ
健常児でもそれじゃあいけないのになと。
大変なことは学校に丸投げしてるのかなぁと。

ふうちゃんのは
『ウ○コじゃぁ~~~!』がわかればいいと思うよ(爆)。
ダイエット中だし遊び相手は周りにいっぱいいるし
寝たきゃ好きに寝なさいってね。
2012/03/18 01:23  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-Fake~ さん-
> 『このアホが悪い事したら。おもいっきりどついたって下さい!』とお願いされた事が有るが・・・

昔のオカンはみんなこんなんやったよなぁ。
ワタシも未だにそのスタンスやねんけど
最近は学校側も家庭側も崩れてきてるような気がする。

2012/03/18 01:34  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-文句を言う親-
文句を言う親って全体的に増える傾向に。

だから余計に学校も守りに入ってしまうのでしょうね。


末っ子のことでも、富みに感じます。



だから、普通の感覚で今まで通りでいると、すごく疲れます~。(~_~;)
2012/03/18 10:49  | URL | arounder #-[ 編集] |  ▲ top

-arounderさん-
今の学校にもそろそろ丸8年。
親として代行教師として、内外から見ているけど
これまでに『この先生はちょっと・・・?』と思う先生は
2人だけでしたね。
その2人ももう辞めちゃったので。
それでも文句を言ってくる親はいるんですよね。
やっぱり感覚・価値観が違うのかなぁ。
2012/03/19 00:46  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top

-No title-
>そのステップ数なんと48!!!

ここでブブ~っと吹き出しちゃいました~!!アハハ~。

息子が高機能自閉症の疑いを持ってから高機能自閉症やアスペルガー症候群について色々調べたり本で読んだり当人と知り合って話したりしました。ご存知だと思いますが自閉症はカナー症候群という言葉が話せないタイプとアスペルガー症候群という言葉が話せるタイプがあって、言葉が話せるタイプでも学習障害とかその他諸々の症状が組合わさるので組み合わせは何千ってほどあってその子によって全然違うんですよね。アメリカの小児科医でメル・レヴィーンという人は本を書いてて自閉症とかADHDとか分けるのではなく症状によって対処法を考えた方が有効だと言ってます。

なので前置きが長くなったけど私の意見だとSnugglebuttさんの考えてる線の方が正解かな~。

うちの息子もね、日本語ではこだわりって言うのかな、特定の容器じゃないと駄目とか、とにかくサプライズは駄目なのだけど、それ以外でも持ち物とか、順番とか、本当に同じじゃないと駄目なのかな~と思いきや、母が同居してた時によく「あんたがそうやって決めつけてるからその通りにやるしかなくなってるんでしょ。本人に聞いてみたの?」とか言ってさっさか聞きに言って「ほら、変えても良いってよ~」なんてあっさり変わったり、出来ない(やりたくない)事が出来るようになったり。

忘れ物はありますね~。私は学校で忘れ物を見つける為に放課後、土日、夜、何度学校に出向いたか分からないし、警備員や掃除夫の間で有名になりました。今も運転手か私が彼を迎えに行ったら鞄あり、運動靴あり、プロジェクトあり、お弁当箱あり、水筒あり、って一つずつ確認します。

うちの息子がコンピューターでアニメにハマって何十時間も見てるって言うのもその子と似てますね~。自閉症の子は特にはまりやすいって言うし。うちの場合は小学校4年くらいの時はまだまだ癇癪が酷くて彼に約束通り何かをやらせるなんて無理でした。何かをしてからコンピューターなんて絶対に無理。ま、今も無理だけど寝ないでも宿題やっていくようになったのですが。楽しい(好きな)事はいつまでもやってる。勉強とかやりたくない事は全て後回し。うちは言葉は一応通じたので「どう思う、ゲームばっかりで宿題出来ないけど月曜日から木曜日はゲームやらない事にしてみたら~?」なんて言って運良く承知してくれたら数ヶ月はそれでいけたり、でもまた戻ってしまうので別の手を考えたり。そしてうちの息子はディスレクシャもあったみたいで読むのと書くのが凄く苦手だったので、宿題の問題読むのは全部私。書くのは本人しか無理だけどつきっきりでした。そうそう読書感想文の小説とかも全部読んで聞かせたっけ。

癇癪(またはその子のようにずっと泣いてる)の時に無視って言うのはケースバイケースですね。何かを解決したい時に癇癪になる時はその原因をさぐって解決してあげないと、彼らは言いたい事が言えないジレンマもあるし。ただ順番が狂ったとか、思った時間に始まらなくて驚いた時の癇癪と、何かを解決したいけど上手く表現出来なくての癇癪では種類が違うので。その子の場合はきっと家ではチューしたら許してもらってる(親がもう泣いてるその子に面倒になってる)から学校ではこうして下さいって言っても使い分け出来ませんよね。本当に改善したいのなら家でも学校でも同じじゃないと無理ですって先生が言った方がいいですよね~。そんなに器用な子達じゃないし。ただ私はその子を知らないけど、子どもの集中力には限界があるし、特にそういう子は集中出来ないこともあるので、何かが終わったらコンピューターとかよりは、一つ15分以内の作業をしたらコンピューターを10分(でも時間で区切るのが難しかったら内容で区切る。例えば1回ゲームしたらお終いとか)、みたいなやり方してた時もありました。それこそ試行錯誤で医者とか発達障害の専門家は自分で世話しないので色々言いますが親こそがその子がどうやって伸びるか一番見てて分かる筈じゃないのかな。学校任せにしたい気持ちは分かるけど、多分だけど彼らが言ってることってきっと専門家に言われたまま。私は専門家に出会いたかったけど居なかったから出会えなかったけど、ネットで読むとマニュアルなど同じような感じ。アメリカやオーストラリアの親達のフォーラムではやはり家でアレンジして医者に言われるままじゃないって人は多かったです。
2012/03/22 05:53  | URL | 菜の花 #qj736MGw[ 編集] |  ▲ top

-菜の花さん-
さすが菜の花さん、がっつり勉強されたんですね。
また詳しい経験談もとても参考になり、とてもありがたいです。
そのこだわりに対しての親の柔軟性というのは確かに目から鱗かも。
パニックになるといけないから先回りしていろいろやってあげたりもしてました。
小さなことから変えていけるようにするのも重要ですよね。

Jちゃんの場合は本当にシンプルで、癇癪を起こすのは勉強が嫌でコンピータをやりたい時だけです。
(文章は無理だけど単語はかろうじて出てくる)
毎日のことなのだから、これが終わったらコンピータ出来るよってわかりそうなものなんだけど
やっぱり毎回毎回同じことを繰り返します。
タスクは1回に付き愚図らずにやったら3~10分で終わるものばかり。
そうしたらコンピータを10分やれることになっているけど
愚図るから結局終わるまでに15分以上かかったりすることもあるんですよね。
この辺り家と学校でConsistensyに差があるんじゃないかなと思ってしまいます。

明日は親御さんとの面談の日。
またリストが増えてないといいんですけどね・・・(苦笑)
2012/03/22 11:11  | URL | Snugglebutt #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://snugglebutt.blog133.fc2.com/tb.php/103-b8c8d785
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。