スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
やだなぁ、こう言うの
- 2012/02/14(Tue) -
こないだ米沢さんのお店(韓国スーパー)に行ったらですね
切れてたんですいつものかがやき玄米(カリフォルニア産こしひかり)が。
しかたないんで韓国ブランドの玄米買ったんですけどね。





籾殻ついてる率高すぎ・・・


いちいち( ゚д゚)、ペッって出さなくちゃいけないのが面倒です。




まぁそれもやだっちゃーやなんですけど。



この先長いけどいい?



今日学校から電話ありまして。

学年末まで長期でパラプロ(クラスアシスタント)やってくれないかって。


長期って言うことは誰かが長く休むってことじゃないですか~。
誰だろうなって思ったら重度身体障害者クラスのアシスタントの仕事。

あのクラス担任の先生がよく休むから(=ワタシのいいお客さんでもある)
もしかしてやめるのかな~とか
転校生が来て手が足りなくなったのかな~とか
思いながら放課後プーを迎えに行ったわけ。

したらちょうどそのアシスタントの人(Wさんがバスに送りに出てて

『何かあったの?』って聞いてみたの。

したら彼女
『最悪・・・でもなんで知ってるの?』

『いや今日学校から電話があってさ。』
『ワタシのポジションについて?』
『そう』

よく話を聞いたら彼女のクラスの担任K先生が
根も葉もないことを校長に報告しているんだと。
『Wはそのうち子供に怪我をさせる』と。

ワタシK先生が休む日はWさんと2人で仕事するわけだけど
彼女は物事をきちんとさせないと気がすまない性質で
車椅子からの上げ下ろしとかオムツの替え方とか
そう言うこともきっちりと順序を守ってやってた。

Lちゃんは1人でお座りができるんだけど
突然後ろにそっくり返って頭打ったりするから気をつけてねって
毎回ワタシがLちゃんにつく度にうるさいくらい言ってたっけ。

そんなWさんが子供に怪我をさせるようなことするわけがない。

でもね~、なんとなく気づいていたんだよね~。
K先生とWさんの仲がよくないこと。

隣の自閉症クラスのC先生もアシスタントのLさんも
どちらかと言えばK先生寄りのスタンスだったのが感じられて
ワタシはランチの時とか一緒になるたびに
なんかいや~~~~な気分になってた。
いちいち欠点を探して揚げ足を取っているようなそんなカンジ。


確かにWさんってちょっと変わってるところあるけど。
根は素直で好奇心いっぱい、冒険好き、人生楽しむよ!って
前向きなところがあって。

お喋り好きで(でもゴシップとかそう言う話ではなくて)
喋りだしたら話は長いけど
他の人の話もいつも興味深そうに聞き入ってるし

思ったことも言っちゃうけど裏も表もないし
だからと言って悪気はないのよってイヤミなことをいうことはしないし
だから何でK先生たちが嫌ってるのかもよくわからなかった。

ひとつだけ考えられるとしたらWさんの旦那さんは弁護士で
奥さん働く必要ないのに何で働いてるの?って
僻んだりする人はいるかも知れないって。

Wさんもうこの学校4年目かな?
ワタシと名字が一緒(珍しくはないがあまり多くもない名前)だし
ランチの時に選ぶものがいつも同じだったり
彼女もミリタリー一家でいろんなところ転々としてきたり
そんなんで結構親近感覚えてたわけ。

K先生はまだ来て2年目だけど結構年配。
なんかいつも疲れたような顔をしている。
具合悪くて休む日も多いし。
話をすると何かの文句とかが多かった。

WさんはK先生が自分のことあまりよく思ってないのに気づいていたけど
私は私だし、自分に与えられたことを一生懸命やっているだけ
それが気に食わないと言うならしょうがないよねって前にため息ついてた。


それが今回K先生に無実の罪で校長に報告され
それについて弁明を求められもしていないのに
彼女の仕事を既に学校側はワタシにオファーしたってことで
すごいショックを受けてる。
どうやってこれと戦ったらいいのかわからないって。

こんな不条理あっていいのか???

ダンナに電話でこれこれこう言うことでって説明したら
『その雇用関係についてはお前は全てを知っているわけじゃないから
顔を突っ込まない方がいい。』
確かにね、そうなんだけどね。

でもワタシの知っている限りWさんはそんなことをする人じゃない。

なんとか戦って欲しいなと思っている。
ダンナさん弁護士だし、泣き寝入りはして欲しくないな~。



で、ワタシがその仕事を請けるかどうか?


もしWさんの件がなかったとしても
答えはNOですね。


だって
1.日給悪くて割に合わない(アシスタントの日給は先生の日給より$20も低い。)
2.K先生と3ヶ月やっていけるかどうか自信はない。
3.既に他の先生たちから請けている仕事がある。
4.たまにならいいけど進歩が目に見えないため気分が滅入りやすい。
5.モサ男を毎日1日中一人にしておくのかわいそう。


でも先生の日給もらえたとしても2~5の理由でやっぱりNOかな。

贅沢に聞こえるかも知れないけど
月の稼ぎは少なくても時間に余裕がある方がいい。

そういったらダンナも『そうだね』って納得してくれたので。
鞭打って『働け~~~、ガンガン稼いで来い!』っつーヤツじゃなくってよかった・・・


スポンサーサイト
この記事のURL | アメリカの学校事情 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。