スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ダンナの相棒から
- 2011/02/06(Sun) -
昨日(金曜)はダンナに誘われて、
ヤツがやっているボランティアの手伝いに行ってきた。

Meals on Wheels。
直訳すれば車輪上の食事。

一人暮らしのお年寄りや病気で寝たきりの人など、
自分で料理が出来なくなった人に
暖かい食事を届けるボランティアである。

金曜のランチはダンナが職場で入っている協会が担当していて、
ダンナにたまに順番が回ってくる。

ダンナのいつもの相棒が出張でいないので、
ワタシが借り出されました。

就業時間中にボランティアやらエクササイズやらが
認められているなんていい職場やのう。

給料的にはたいしたことはないが、
福利厚生が充実しているから文句言えんわ。
あと7年ちょいで退役なのが残念です。

でメインはそのことではなくてですね。

街に出てついでにランチも一緒にしてきて、
そのまたついでに行きつけの韓国スーパーに
寄ってきまして。

借りてきましたの『相棒シーズン8』。

エピソード1~5までとりあえず。

週末はミッチー三昧ですの。
ああ顔がにやついてしまいますぅ。


しかしなんですね。

ついついアメリカのドラマと比べてしまうのですが。

日本の刑事物ドラマ。
嘘っぽ過ぎる。

なんか昭和の域を脱していないというか。
ほんまにあるんかい、みたいな事ばかり起きておる。

どうしてこう右京さんと神戸君はいつも
事件が起こる場所にいるのでしょうか?

あの取調室もなんというか。
日本人は刑事さんの脅しには今も弱いのでしょうか?

話を引きずり出す、と言うのではなく、
事件証拠をそのままべらべら容疑者にしゃべっちゃう。

それって裁判になった時に
警察から言われたままに容疑を認めさせられたってことに
ならないのでしょうか?

そして状況証拠しかないよ、と言う状態なのに、
そのまま黙っていれば証拠不十分で釈放されそうなのに、
刑事さんの推理が当たっていると、

『御見それしました!』とかって
自供を始めちゃうのは何なんでしょうか???



日本の医療ドラマも嘘くさいですよね~~~。
素人でもわかりそうな、これはないだろう、みたいなことばっかり。
こっちだと医療関係が舞台のコメディでも
もうちょっと下調べしてるよ・・・

日本のドラマは話作りじゃなくて、
キャラだけで成り立ってるってカンジかな・・・
そのキャラの面白さだけを出すために、
無理な話を作っているみたいな。

アメリカの場合、TVドラマには結構無名の人が使われるよね。
そのドラマが売れたら、そこから有名になっていく。
著名な人を使ったとしても、
結構意外なキャラ構成だったり。

観客の受け方の違いなのかな~。



まぁ話ずれすぎですが、
『相棒』の話の突飛さも
ミッチー出てるので許します。

コンサートの時とはまた違う顔。

すごいですよねこの方。

作詞作曲、ギターも弾けて、歌って踊って、振り付けも自分。
ショーやアルバムのプロデュースも自分。
でもって役者もやるという。

そのどれもおざなりになってない完成度。

コンサートで自分でも言ってましたけど、
まさに『日本の宝』ですね。
まぁファンだから言えますが。



続き観たさにまた明日里に出てきます・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日のお奨めミッチー | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。