スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日雇い労働日記 ~いったいどこで?~
- 2012/10/23(Tue) -
皆様の要望にお答えして(どこに要望が???)
下に映像つけましたのでごらん下さい。




昨日の記事に書こう書こうと思っていて
思いっきり書き忘れた事がひとつ。


例のA1君、何故か日本に興味があるらしい。
日本語もまぁこんにちは、ありがとう、さようなら、程度だけど
知っていたりする。

どこで覚えて来るんだろう?
やっぱりアニメからかな~?

こっちでもドラゴンボールやワンピースなんかは
大人気だし。

でも放映しているのは英語吹き替えだよな。

やっぱりようつべとかで見てるのかな。
たまに日本語のセリフなんかをブツブツつぶやいている。

あるとき何かのセリフらしいものを
繰り返し繰り返し呪文のように唱えていたので

なんて言ってるんだろう~~~?と
近寄って聞いてみたら

その呪文はなんと






















































『ドンタコスったらドンタコス、

ドンタコスったらドンタコス!!!』


であった。




茶吹きそうになった。


いつのCMやねん!?!?!




Wikiによると、どうやらこれは1994年当時のCMらしいですぞ。
うん、確かにワタシは日本にいたな。
スポンサーサイト
この記事のURL | アメリカの学校事情 | CM(22) | TB(0) | ▲ top
日雇い労働日記 ~暴れたときは&S君作品集~
- 2012/10/22(Mon) -
先週3日入った仕事のうち、2日がいつもの自閉症児学級。
いつもご贔屓頂いてありがとうございます、てなカンジですが
実は夏にワタシもあるトレーニングを受けて修了証書もらったので
それが特にこのクラスでは重宝されるのである。

あるトレーニングとは
CPI-Crisis Prevention Intervention
つまり危機回避&介入。
生徒が何かの理由で暴力的になった際
如何に暴力を使わずにその状況をコントロールするか。

IMG_0431.jpg
(寅さん、じゃなくてトラさん、でももしかしたらシマウマだったかも)

パンチやキックの避け方、
髪をつかまれたときの手の外し方、
周りの生徒の無事の確保、
そして最終的に痛みを与えることなく
その生徒を捕獲して動きを封じる方法、なんかを
実技を含めて習うわけですね~。

ま、1日で終わるんですがこの講習は。

先生とアシスタントが2人いるこのクラスだが
1人は最近採用されたばかりでまだこのコースを受けていない。
コース修了証書がないとこう言う状態の子供には触れないのです。
訴えられた時に困るから~ってことらしいですが。

今年は生徒が6人いるし、
そのうち3人が攻撃的になる可能性があるので
最低クラスに2人は認証受けているスタッフが必要なのです。

IMG_0430.jpg
(ライオンさん、たてがみが立派です)

木曜日、朝っぱらから5年生のA1君がバスで問題起こし
周りの人に暴言吐きまくり
突然人を叩きに来たりするので
まぁ緊張続き。

あの被害妄想的な発言をするあの子ですね。

おまけにA2君とS君がどういうわけだか
ボードに張ってあるものなどを思いっきり引っぺがして床に叩きつけたり
おもちゃを投げたりと
派手にやってくれたりしてて
今日はひょっとして満月なのか?と思わせるほどの大騒ぎ。

IMG_0429.jpg
(これは何だったっけ?ダチョウだったかな?)

こう言う行動もいけないと教えなくてはならないので
まず止めに入るのだが
このモードに入っちゃっている2人を止めるのは容易ではない。
5~6歳のコドモだけど、ものすごい力なんですよ。

なので子供用コントロールポジション、と言う体勢を使うわけだが
まぁその日何度このポジションを使ったことか。

普通級を持ってる本職の先生たちで
これを使った事があるのは少ないんじゃないかなぁと思う。

これを使われるともう動きは取れないので
あとは大人しくなるのを待つだけである。

IMG_0433.jpg
(これはゾウ?ちゃんとメモっておけばよかった)

ちゃんとこの間も
『手を離したらちゃんと一人で座るんだよ』とか声をかけながら
静かになるのを待たなくてはいけない。

この日はなんとこの郡の特殊教育の最高責任者が来ており
校長と専門の心理学者とともにクラスに呼ばれていて
何せ2人いっぺんに暴れたりしてたので
その人達の前でこれをしなくちゃいけなかったのが
ちょっとした修羅場・・・

午後はそれなりに落ち着いてきたのだが
お帰りの30分ほど前になって
A2君の様子が少し変。

給食はたくさん食べたし
あんなに暴れまわっていたのに
突然ぼーっとした顔でおやつにも手を出さず。
この人がおやつ食べないって言うのは
ちょっとした事件ですからね。

IMG_0428.jpg
(キリンの親子・超可愛い!!!)

顔が青ざめてきてたのであ~具合悪いんだなと。
こう言うときに何も言えないのは辛いですね。
どこがどう具合悪いのかわからない。

でもこの人は具合悪くなるとリバースするので
ゴミ箱近くに配置して待機しておりました。

やっぱり20分後くらいに激しくリバース。
こうなるとバスには乗れないので
お父さんに迎えに来てもらいましたとさ。

翌日はなんとA1君、A2君ともお休み。
そしてJ1君も午後に早退したので
なんと残ったのは3人になり
一息つけた金曜日でした。

あ~~~しかし疲れたわ・・・

IMG_0360.jpg
(そして大作!ヘビ(コブラ?)の軍団)


この記事のURL | アメリカの学校事情 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
新学期初仕事! 自閉症クラス
- 2012/09/17(Mon) -
追加画像あり(一番下)


金曜日からガッツリ忙しかったです、はい。


(ダンナが送ってきたラクダの赤ちゃん画像)

金曜日の仕事は思ったほど大変ではなかったというか。
例の自閉症クラスに新しい子が3人増えて
どんなカンジかなぁとちょっと不安があったけど

計6人いる中の3人がJで始まる名前ってどうよ?
残りの内の2人がAで始まるし。

区別するの大変じゃんね。

一番大変かなぁと思ったのが転校生で5年のA1くん。
この子はこのクラスには珍しくちゃんと会話できる。
でもその会話の内容がね。

とってもネガティブなんですわ。

しょっぱなから
ボクあの人嫌い、とか言われましたし。
それもI don’t like himですよ。
オトコ扱いされましたよ。

ワタシは君のこと好きだよと言っても
信じないんですね~。
ちょっと思考が被害妄想気味。
誰かがボクを殺しに来るとか
ホラー入ってますか???っつーくらい
刑事物のテレビ番組見過ぎかも?
みたいなセリフがたくさん飛び出してきてた。

でも10分隣に座って手を彼の近くにおいてたら
そっとその手を移動させて
『腕をくすぐって』ジェスチャー。

自閉症の子には好きな感覚を取り入れると落ち着く、と言う
センソリーニーズというのがあるらしく
彼の場合の感覚はタッチ。
腕や背中などを軽く撫でるようにするとホッとするみたい。

君はうちのトム子と同じだな。

それ以来すっかり取り憑かれ気に入られた様子。

IMG_0337.jpg
(ラクダに無賃乗車している鳥さん)

まだ5歳のJ2くんも言葉がある。
彼はA1君とは違ってポジティブ!
びっくりしたのが彼が誰かにぶつかった時に
『ごめんなさい!』とすぐに謝って
相手を気遣う様子を見せたこと。

そしてS君が遊んでいるおもちゃを使いたい時に
『悪いけど、シェアしてくれない?』と聞いたこと。

自閉症児で遠慮したり相手に気を使える子って珍しい!

家庭でもこうやって周りの人がいたわりあって
生活しているんだろうな~とホノボノした。


J3くんは言葉がないけどすごく大人しい。
ポォ~~~~ッとしてる。
でも食べ物が未だに離乳食もどき。

朝はシッピーカップ(赤ちゃん用マグ)で牛乳、
ランチも同じく牛乳とマッシュポテト。
他にはプディングくらいしか食べないんだって。

彼の場合は食感がネックなんだろうか。
でもそのせいか手足がホソホソしいし
顔色もあんまりよくない。
マッシュポテトにビタミンとか混ぜてるとは思うけどね。



で生徒の数が増えたので、アシスタントも1人増えた。
このクラスは子供2人に大人1人が基本なので。
外に出る時に手を繋がないといけないですからね。

その新しいアシスタントと言うのが
プーの体操のコーチだと言う狭い世間。

でも残念ながら彼女はキンダーに出た空きに行くことになったので
新しい人が来次第移動するそう。

その面接に先生も参加しなくちゃいけなかったので
その日ワタシが代行に出たわけなんである。

スナ子なんで応募しなかったのよ!と先生に怒られましたが
いや毎日は無理ですとても。
代行で頑張るんで怒らないで・・・

IMG_0338.jpg
(ちょっとビビッて腰が引いてるダンナ)

ダンナ地方、最近涼しくなってきて
日中最高気温は体温程度になったそうな。

涼しいんか、それで???


でまる921さん、お見せしたかったのは
この画像でした。

rumba.jpg


この記事のURL | アメリカの学校事情 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
そして帽子が舞う
- 2012/06/18(Mon) -
大学が決まってからその時点ですっかり高校終わったつもりでいた大ボケ兄。
ええ最終学期の成績は悲惨でしたよ。
一応この成績も大学に送られるんですけど?

しかしいっちょまえに卒業式を迎えたわけで。

キンダー入学後から14年
長かったような短かったような。

あれこれとたくさんの思い出が走馬灯のように・・・
というほどあまり覚えてないワタシ。

一番よく覚えているのがキンダーの時
元気に学校から走って帰ってきたと思ったら
まぶたの上を蜂に刺されていてお岩さんな顔、
とかそんなんばっかしで。

お天気にも恵まれて卒業式日和。
会場はアメリカでもっとも歴史の古い大学のアリーナ。

卒業証書をもらうのにステージを横切るところが見たいから後ろに座りたいダンナと
ステージ横の座席からじっくりみんなの顔を見たいワタシ。
面倒くさいのでワタシが折れたんだが
後ろ頭ばっかりでおもしろくな~~~い。

でもやっぱり感動しますね。
てかその場の雰囲気に弱いワタシ。
大ボケ兄が卒業するから、ではなくて
誰の卒業式でも涙が出るだけなのだが。最初の国旗への忠誠の誓い(毎日学校でやる)で
どばーと来てましたわ。

その次の国歌はワタシのお得意さん先生の娘さんのソロ。
素晴らしいソプラノが胸にぐわっと来てまたどばー。

クラスプレジデント(生徒会長か?)のスピーチ
卒業式開会のスピーチ(Salutatorian)(成績2位の子)
卒業生総代のスピーチ(Valedictorian)(成績1位の子)と続く。

この3人みんな大ボケ兄の親しい友達。
特に1、2位の子達とは小学校も同じで
あの頃は大ボケ兄も混ざってトップ争いをしていたよなぁ
大ボケ兄はどこで間違ってしまったんだろうか
なんて変な感傷も混じってさらにどばー。
トップ10%からもはるかに滑り落ちてしまったしねー。

校長のスピーチも今年はちょっと感傷的。
なぜなら自分の長男も今年卒業したから。
昔大ボケ兄とFCでサッカーしたり
近年はテニス部やバレー部で一緒だった友達である。
もちろん校長と奥さんともファーストネームで呼び合う仲だから
センチメンタルな部分は大いに共感できた。

で、総代のスピーチなのだが
これがまたとてもよかった。
主に高校時代の大切な思い出話、それがこの先どれだけ生きてくるか
そんな感じの話だったのだけど
そのスピーチの終わりのほうで突然

『それから(大ボケ兄)君、君は最高にクールな友達だ。
毎日学校まで僕を乗せていってくれてありがとう。
君がいなかったら僕は学校に行けなくて
今日ここに立つことはなかったかも知れない。』

総代のジェームス、うちの近所にじーちゃんと住んでた。
両親が数年前に離婚して引っ越して行き
彼も一度は転校して行ったのだけど
やっぱり今の高校が好きと言うことで
じーちゃんのうちに戻ってきた。

10年生になりみんな免許を取り出すと
バスに乗らずに自分で運転して登校する子も増えてくる。
11年生の時は大ボケ兄はジェームスに乗せてもらっていた。

ところが去年ジェームスが登校中に自損事故。
乗っていた2人は無事だったが車は全損。
代わりの車を買えなかったジェームス。
今度は大ボケ兄が自分のトラックを運転して
2人で学校に通いだしたわけである。

(スクールバスもあるがこの2人は1限の授業を取っておらず
もちろんシニア(最高学年)がバスで通うのはダサいというので
ガソリン代自腹切ってでも車で通いたいらしい)

もうこれを聞いて嬉しいやら恥ずかしいやら申し訳ないやら。
だって大ボケ兄遅刻常習者だったもん。
多分彼にもたくさん遅刻がついたに違いない。

Graduation.jpg

とにかく高校卒業おめでとう!
だが君たちの将来はこれからだ。



この数日後にダンナが中東に行ってしまったわけだが
それを待たずに大ボケ兄は友達とビーチウィークへGO!

ここの高校(周辺もそうかもしれない)の卒業生はビーチウィークと称して
隣の州のリゾート地のビーチハウスを1週間レンタルして
延々とパーチーするらしい。

同じ高校を20年以上前に卒業したジェイソンがいた頃には
もう伝統になっていたそうな。

なんて贅沢なんだかここの高校生は?

でもビーチハウスはまだシーズン前で
1軒に20人くらい泊まりこむから1人辺り$100くらい。
卒業旅行に海外に行っちゃう日本の子たちよりは
ずっと安上がりかもね。

OBX.jpg

某SNSから写真こっそり頂いてきました。
ネットって便利だね~。

優しいハハはちゃんと食糧持たせてやりましたよ。
インスタントラーメン1箱だけどな。
この記事のURL | アメリカの学校事情 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
日雇い労働日記 ~ものすごいリスト~
- 2012/03/17(Sat) -
古い話になるけれどもこないだの火曜日。
自閉症クラスでお仕事だった。

その前の日は重度障害児クラスの仕事で
すぐ隣の教室にいた。

一日中自閉症児クラスから聞こえてくるのは
4年生Jちゃんの泣き声である。

Jちゃんはお勉強が大嫌い。
やりたいのはネットでセサミストリートを見ることだけ。
でもそれを見るにはまずお勉強をしなければいけない。

彼女がやらなければいけないお勉強はたくさんある。
彼女が学校で関わる人々や標識の認識、
算数、スペリングなど
それぞれ20~30項目をクリアしていかなければならない。

そして先生は一つずつチェックして書類にしなければいけない。

1課題ごとに10個のメダルを集めると
彼女の好きなコンピューター(コンピータとJちゃんは呼ぶ)を
10分やることができる。

しかしJちゃんはお勉強大嫌い。
課題をやり終えるまで待てない時がある。
『コンピータ、コンピータ』と泣きながら訴える。

もちろんそこで折れるわけには行かないから
彼女が泣き止むのを待たなければいけない。
課題を続行できるのは彼女が5秒以上泣きやんだときだけである。

そこで『後いくつやれば終わるよ』と言うのを理解できるわけではないので
これがえらい長く続く時がある。
ある程度の時間泣き止まなければその課題はそこで終わり
コンピータもなしである。

そしてその後また泣き続ける。

このバトルが1日何度も繰り返される。

・泣き始めたら話しかけるのをやめる事。
 自分でまた課題をやろうとするまで無視する事。

これは彼女のお父さんからのお達しである。
リストをチェックするのも彼からの要望。
かと言ってこれを家でも実行しているわけではないらしく
写真を80%認識できていたものが
1週間の休みのあとには20%に戻っていた、なんてことも多い。

学校では泣いたら無視するように、と言うが
家ではホッペにチューしてくれたらいいよ、みたいな
対応をしているんだろう
ワタシ達にもチューをしてこようとする。
 
チューしてくれてもコンピータはさせて上げられないよ。
彼女の要望に折れてはいけない、と言うのも
あなたのお父さんの要望だからね。

彼女は朝、昼の食事に毎日同じサンドイッチを持ってくる。
3つのサンドイッチが3つのサンドイッチ用容器に入っている。

しばらく前にその容器がひとつなくなっていたとかで
毎日容器を数えてくださいと言うリストが
おうちからやって来た・・・

そんな容器、学校で無くなり様がないのだが。

彼女のお弁当を入れるバッグ
長年使っているせいかふたの部分のマジックテープがバカになっている。
ふたに取っ手がついているので
重いバッグの取っ手を持つと
ふたがぱかんと開いてしまうのである。

そこから落ちたとは考えられないが
まず新しいバッグを買ってあげたらどうかと思うんだが。


そして極めつけは歯磨き。
ランチの後に歯磨きをするのだが
彼女のお父さんから出されたリストに沿ってやらなければならない。

そのステップ数なんと48!!!

アシスタントのLちゃんがこれをやるので
ワタシは詳しくこのリストを見たことがないが
右奥歯外側10回、内側10回、かみ合わせ部分10回、とか
そんな感じのようである。

Lちゃんはこのリストを忠実に守ってひたすら磨く。

これおうちでもやってるんでしょうかね?
Jちゃん奥歯ほとんど銀歯ですけど。

前にも書いたと思うけど
Jちゃんのジーンズとか上げ下ろしが楽なように
改造してある。

昔はスパッツの上の部分にジーンズの脚の部分を縫い付けていた。
最近はボタンの部分がマジックテープに付け替えられている。

ボタンやジッパーをいじらなくていいからである。

お勉強も確かに大事だが
こう言う日常生活で必要なことを教えなくていいのだろうか?

先生たちもいろいろリサーチしたりして
Jちゃんの進度の手助けになるように工夫したりしている。
こう言うお父さんのとんでもない要望も
受け入れて頑張っている。

親として意思疎通の出来ない娘が
学校でどういう生活をしているのか心配なのはよくわかる。
これだけ毎日学校へきているのに
去年と進み具合が大して変わっていないことにイライラするのもわかる。

しかしこうして学校の授業に関して細かく口出しをすることは
いったいどうなんだろう?
先生を、学校を信頼していないってこと?

来週またJちゃんのお父さんとの面談があるらしい。
担任だけでなく、音楽、体育の先生も含めてのミーティング。

ワタシはたまに行ってその日1日を何とかこなせばいいが
担任の先生は本当に大変だなぁと思う。

この記事のURL | アメリカの学校事情 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。