スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
まだ終わってない
- 2012/09/12(Wed) -
11年前の今日起こったあの哀しい哀しい事件。

今日アメリカ国内ではあちこちで
追悼式が行われている。

小ボケ弟の通う高校では
今朝最初の飛行機がタワーに突っ込んだその時間
全校で黙祷を捧げたそうだ。


あれからたくさんの事が変わってしまった。
アメリカ軍の方向も大幅に変更し
職種換えをしたのもあって
うちのダンナの仕事内容も
前とは全く違うものになった。

そして今回の中東派遣。

つい最近ダンナはアフガニスタンに行っていた。
ほんの2週間ほどだ。
アフガニスタンはビン・ラディンが死んだ後も
毎日のように戦闘が続いている。

『もしも自分に何かあったら
金庫の中に手紙を入れてあるから』
と言ってダンナは出かけて行った。

帰ってきたよ、の言葉を聞くまでは
ニュースにも新聞の世界欄にも目を閉ざす。
『知らぬが仏』がワタシには一番である。

向こうのWi-fiのある地域に入った時
ダンナは自分の画像を送ってくれた。

迷彩服に太腿に巻いたベルトに拳銃。
そこにいる間は拳銃は常に装着していなければならないらしい。

あまり引っ張るつもりもないので言うが
ダンナは日曜日に無事自宅に帰りついた。
ちょうどヘンリー王子と入れ替わりだったらしい。

爆弾が落ちる音は毎日のように聞こえる。
娯楽のないその国の基地。
ある空軍基地では
戦士たちはバンカーの上に椅子を出して座り
コーヒーを飲みながら夜襲に出かける戦闘機を見送るのが
日課なのだそうだ。

ダンナはその国の基地を回って
戦士たちの様子を見、参っていないかどうか
士気はどうか、などを確認する。

多くは20代前半の若者たち。
いつ何が起こってもおかしくないところで
あんな生活条件の悪いところで
命を張って誇りを持って働いている。

ダンナはその気概と前向きさに感銘したそうだ。


以下の話、よっぽどダンナの心に残ったのだろう
2度も繰り返した。

Ramp Service。

Rampとは飛行機の貨物積み込み用スロープ
Serviceは儀式。

夕方どこからともなくたくさんの人が
空港の滑走路に集まり、両脇に並ぶ。

そこにハンビーがやって来て
戦士たちが星条旗に覆われた棺を担ぎ出し
スロープを厳かに登る。

ここで戦死したソルジャーたちを
祖国に送り返す儀式である。

最後の帰還。

見送るのは米軍戦士だけではなく
多くの外国人たちも集まってくれるそうだ。

それにダンナは滞在中2度参列したらしい。
3人の戦士を見送った。

無理もない、今中東では
1日1人の割合で米軍戦士が
尊い命を落としているという。

無駄死にだったとは言いたくない。
各国軍は世界への被害を最少に抑えるために
戦士たちを送り込んでいるのである。

自国にそんな利益はない。
膨大な軍事費を毎年使っている。

世界平和、自分が武器を捨てたからと言って
相手も捨ててくれるとは限らない。
相手は自分たちと同じ価値観、倫理観を持ってない。
解り合える日が来るとはどうしても思えない。




なんて戦争の是非を説くつもりはないが・・・

ワタシに出来ることはただひとつ
この職業を選んだダンナひたすらを支えることである。


ramp_ceremony.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | ダンナいろいろ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
ダンナの中東派遣 ~訓練中休み~
- 2012/02/11(Sat) -
1月下旬から派遣前訓練に行ってしまっている我が家のダンナ。

木曜午後からの研修がキャンセルになったとかで?
今一時帰宅しております。

車で2時間半くらいのところなのでそれも可能。
ええ単身赴任手当てはいただけませんが。


木曜午後に帰ってきたダンナ
ランチからそのまま来たらしく制服姿。
砂漠用ユニフォームは初めてですよ。


砂漠用ユニフォーム


今日はダウンタウンのオサレなカフェで
ランチでぇとしてきたよ。
ランチの後はそのままお茶しながら読書。
クッションの効いたアームチェアに座って
のんびりまったり。

その後は放課後の大ボケ兄待ちで図書館へ。
借りるのは返すのがめんどくさい。
(前に期限過ぎで超過料金取られた)
でも寄付された本が安く買える。
ワタシの好きな著者の本が(ちょっと古いのだけど)出てたので
2冊で$2.50。

大ボケ兄は今夜1時間半離れた街でライブがあるのでガソリン代借りに来た。
大学決まってからホッとしたみたいで?
結構いろいろ話してくれる。
ダンナもホッとしている。
コイツはいろんな面で心配だからな~~~。

その後プーを迎えに行って、小ボケ弟を迎えに行って。
高校近くのガススタでガソリン入れてたら
前方に大ボケ兄のバンドのメンバーがいた。
そういえばここはヤツらが待ち合わせによく使うガススタ。

バンドメンバーのうち一番年の若い子2人が
なんと喫煙中。
おいおい、1人はボーカルだよ。
もしかしたら大ボケ兄も・・・?と数分間見張ってた。

でも大ボケ兄は全く興味ない様子。
小さいころから喫煙の害については洗脳するように言い聞かせてたからな~。
とりあえずホッとしたワタシら。

喫煙していた2人はママ友の中でもあまり評判はよくない。
家庭も複雑のようで。
吸ってなかった残りの3人は両親揃ってて仲良くて
そう言うのもやっぱり関係あるのかなぁ。


・・・・ってダンナがお題だったのに
いつの間にか大ボケ兄にシフトしちゃったわ。゚(゚^Д^゚)゚。ギャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \




そうやってダンナの存在感が薄くなっていくのね・・・
すまんな、ダンナ。
この記事のURL | ダンナいろいろ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。